女心をくすぐるセミオーダー

お洒落心が刺激される秋。どうせ新しいものを購入するなら、本当に納得のいくものを選びたいもの。そこで、形やデザイン、色や素材など、好みに合わせて自分仕様にカスタマイズできるセミオーダーの店を紹介。バッグに靴にアクセサリーに小物…。 この秋、自分だけの極上のお洒落が楽しめるはずです!

使い心地のよさにこだわったディラルの革バッグは、シンプルなデザインながらに存在感があり、とってもお洒落。とくにA4サイズ以上のバッグは、書類もお弁当箱も入るので、ビジネスバッグとしても大活躍。取っ手やマチなど、好みに応じて、自由に色の組み合わせが可能。制作は、白・水色・ピンク・ヌメをのぞき、まずは手染めで色をつけるところからスタート。使いこむうちに色がなじんでくるのが革製品ならではの嬉しいところ。制作期間はオーダーから約1カ月。オリジナルコサージュをつければ、フェミニンな雰囲気を楽しむことも…。

型・サイズを選ぶ
レギュラー、スクエア、ナイン…5タイプある商品の中から好きなデザインを選び、大きさ(S/M/L)を選ぶ

各パーツの配色を決める
ブラック、ホワイト、チョコレート、オレンジ、サックスブルー、グリーン…13色の 中から、ハンドルやマチ、ベルトといった各パーツの配色を決める

オプションの選択の有無
ホックの有無や大きさ、ハンドルの長さや裏地、ポケット付けなど、オプションを選 択。それぞれに、プラス1000円〜のオプション価格が追加される

色見本を見ただけではイメージがつかない人のために生まれたシュミレーションバッグ。すべてのパーツがその場で取り外せ色の組み合わせも自由自在


イギリスのバッグデザイナー、アニヤ・ハインドマーチのバッグが日本で本格的に展開され始めたのは2年前。以来、カジュアルからフォーマルまで、どのスタイルにも不思議とマッチする存在感と個性あふれる写真プリントのバッグの人気は、止まることをしらない。そんなアニヤのバッグにお気に入りの写真がプリントできる…!? アニヤ自身が友人へのプレゼントに贈ったのをきっかけに商品化されたという、このバッグ。世界に一つのバッグが作れるとあって、噂が噂を呼んでいる。店頭オーダーを受け付けているのは、青山店と六本木ヒルズ店のみだが、ウェブサイトでオーダーもできる。ロンドンの工場に渡った写真が、どんなふうにデザインされてくるのか、品物が届くまで期待で胸が高鳴る。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。